リスティング広告というのは、主にクリック課金という料金の仕組みがとられています。広告が表示され、それを画面上でクリックをしたときにのみ、課金されるというもの。表示されている段階では課金されないようになっています。

ただ広告を掲載するだけでお金が必要になる、それが広告というイメージがありますが、そうなってくると、興味のない人に対して発信をしていても、費用がかかっていることになります。せっかく広告を出すのであれば、きちんとお客となってくれる見込みがあり、興味を持ってくれている人に見てもらいたいと思うのが普通だと思います。

クリック課金であれば、興味があってクリックをした場合にのみ課金されるのですから、一番効率的ではないでしょうか。興味のある人がクリックをしてくれたときだけ広告費として料金を払うことになるのです。

ただ問題は、クリック課金なのでどれぐらいの広告費が必要になるかがわからないところです。通常であれば広告費として最初にいくらと決まっているものですが、クリックの回数によって広告費が変動するのがリスティング広告だと思ってください。もちろんクリックの回数が多くなればお客も増える仕組みになっていると思いますが、ある程度見込みでしか費用を立てられないというのが難点といえば難点かもしれません。